動画も作業も快適!入院中はレンタルポケットwifiがおすすめ!

入院中でもネットがしたい

入院中でもネット環境は大切ですよね。特に、普段からネットを使ってコミュニケーションをとっている人にとっては、WiFi環境が完備されていない病院で過ごす入院期間は、とても苦痛で暇なものです。体調が良い時などは、ネットがあれば動画を見ることができたり、メールやSNSでコミュニケーションを取ることもできるので、時間を有効に使うことができます。

 

病院の中には、病室にもWiFi環境が整備されている所がありますが、大半の病院には病室にはそうした環境はありません。となると、スマホなどを使うと料金面が心配になりますよね。そこでおすすめなのが、ポケットwifiのレンタルです。

 

ポケットwifiとは?

ポケットwifiはモバイルWiFiとも呼ばれていて、入院中でも簡単にネット環境に接続できる便利なサービスのことです。接続方法はとても簡単で、あらかじめポケットwifi用のルーターをレンタルして、病室に持っていくだけで簡単に接続できます。もちろん、スマホやパソコンのネット接続でポケットwifiに接続するための設定は必要ですが、これは普段自宅で行っているネット接続の設定方法と同じなので難しくありませんよね。

 

普段からモバイルWiFiを利用している人なら、そのまま病室でも使えるので、入院中でも不便さを感じることがないネット環境を維持できるでしょう。普段はホームルーターを使っているという人なら、入院期間中はレンタルのポケットwifiがおすすめです。

 

ポケットwifiの選び方

入院中に限らず、どのような理由でもポケットwifiをレンタルすることは可能です。入院中には、とにかく時間がたくさんあるので、使用量が制限されていない無制限タイプのサービスを選ぶのがおすすめです。また、ポケットwifiの中には建物の中だと電波が届きにくいものもあるので、窓側のベッドではなくて廊下側のベッドになった場合でも問題なく電波が届くようなポケットwifiを選ぶことも重要です。

 

注意したい点もあります。それは、レンタル業者の中には、入院中のレンタルはNGとなっている所があるという点です。これはルーターの機種によって制限されているというわけではなく、業者側のポリシーによって制限がかけられているということなので、レンタル業者を選ぶ際には入院中でもOKな所を選べば問題ありません。

 

おすすめはコレ

入院中に格安でレンタルできるポケットwifiサービスの中でもおすすめなのは、ソフトバンクから提供されているハイブリッド4GLTE対応モデルです。ソフトバンクの電波状況は、プラチナバンドが確立されてからはとても安定していて、建物の中にいてもつながりやすくなっています。そのため、病室で窓から近くないベッドになったとしても、問題なくネット接続できるというメリットがあります。ソフトバンクからレンタルされているポケットwifiルーターはたくさんありますが、最安値のものを選んでも快適に使うことができる、と口コミで高く評価されている点もまたソフトバンクを選びたい理由の一つとなっています。気になる料金ですが、1週間レンタルなら4440円、2週間レンタルなら7080円、1ヶ月レンタルだも7080円と格安です。

 

Y!Mobileポケットwifiもおすすめです。こちらは15日間レンタルが業界最安値で、5616円となっているので、あらかじめ入院期間が15日以内だと分かっている人におすすめです。また、このポケットwifiルーターをレンタルすると、テレビチューナーもついているので、入院中にテレビを借りなくてもパソコンやスマホを使えばテレビも見放題というメリットがあります。Y!Mobileポケットwifiは、以前では容量制限がついていたので入院中には不便だったのですが、現在では無制限となっているので、入院中でも暇を持て余すことがなくなるでしょう。

 

モバイルWiFiとして人気のWiMAXからも、レンタルポケットwifiがラインナップされています。WiMAXと言えば、使いたい放題のプランが人気でしたが、現在ではソフトバンクでもY!Mobileでも容量無制限となっているので、その点ではWiMAXだけが飛びぬけて優秀というわけではありません。また、WiMAXはコンクリートの建物の中だと電波が届きにくかったり、高層の建物でも電波の届きが悪くなりやすいので、病院のような建物は相性が悪いかもしれません。借りる際には、その点を理解した上で借りるようにしてくださいね。

 

気になる容量制限は?

容量無制限をウリにしているポケットwifiでも、完全無制限というわけではありません。連続する3日間の利用が1GBを超えると速度が遅くなるというルールになっているので、毎日暇を持て余してしまう入院中でも、自分なりにメリハリはつけたほうが良いかもしれません。ちなみに1GBの目安は、映画を見る場合だとHDの高品質のクオリティで1時間程度の使用となりますので、よく映画を見るならクオリティを妥協することも必要になります。