回線事業者とプロバイダの違い

インターネット環境を準備するときに必ず出てくるのが回線事業者とプロバイダという2つの言葉です。

 

この2つは何となく使っているけど、具体的にどう違うのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

ここではインターネットに関する知識がほぼゼロの人でも分かりやすいように回線事業者とプロバイダの違いを簡潔に解説していきます。

 

インターネットの仕組みを理解しよう

回線事業者とプロバイダの違いをはっきりさせるために、まずは根本的なインターネットの仕組みからおさらいしておきましょう。

 

モバイルwifiに限らず、どのようなタイプのインターネットでも、利用する際にはインターネットに接続できる回線と、そしてプロバイダという2つのサービスが必要不可欠です。

 

回線は回線事業者から提供されているもので、インターネットのサービスが始まったばかりの頃にはダイヤルアップが一般的でしたが、現在ではより通信速度が速いISDNやADSL、光回線などさまざまな種類がラインナップされていますよね。

 

この回線事業者の中にもいろいろな種類があります。

 

回線業者というと真っ先にイメージしやすいのはNTTやKDDIなど電話通信を手掛けている業者ですが、ここでなければいけないというわけではないのです。

 

NTT東日本やNTT西日本はよく知られている回線事業者で、ここから提供されているのはフレッツ光、光コラボレーションなどがありますが、他にもKDDIが取り扱っているAUひかり、So-netが取り扱っているNURO光などはよく知られたところではないでしょうか。

 

モバイルwifiの場合には、モバイルルータを取り扱っている業者からラインナップされているものがあり、例えばUQ WiMAXやY!モバイルなどがあげられます。

 

どのような種類の業者でも、回線事業者は、物理的にインターネットの回線と利用者の元まで提供してくれるのが役割となっています。

 

プロバイダとは?

プロバイダとは、一言で言うならインターネットというバーチャルな世界に足を踏み入れる際に自分自身がどこのだれなのかを表すための入り口と言えば分かりやすいのではないでしょうか。

 

インターネットは世界中どこからでもアクセスできますが、その際にはどこのだれがアクセスしているのかという点を把握しなければいけません。

 

それが、プロバイダの役割りとなります。国内にプロバイダ業者はたくさんあり、提供しているサービスが異なります。

 

そのため、サービスの内容によってプロバイダを選ぶことができますが、基本的にはインターネットの速度は回線事業者によって決まるため、プロバイダを変えてもネットの快適さという点ではあまり大きな違いはありません。

 

どんな風に業者を選べばよいのか?

回線事業者とプロバイダ業者は、どちらも選ぶことができます。

 

どの業者を選べばよいかという点は、利用者のニーズやライフスタイルによって異なるので、この業者とこの業者の組み合わせが全員にとってベスト、というものはありません。

 

例えば、自宅でもインターネットを利用するし、外出先ではスマホも良く使うという人なら、スマホとのセット割引を提供している業者がお得でしょうし、とにかく自宅のインターネット回線のスピードを速くしたいというのなら、回線速度で業者を選ぶことができますね。

 

モバイルwifi業者の選び方

モバイルwifiは、いつでもどこでも接続できるインターネット回線ということで、自宅以外の場所でインターネットを利用したい人に人気です。

 

この場合、回線事業者がプロバイダのサービスも兼ねることが多いため、回線サービスとプロバイダサービスの両方を契約しなくても利用できるというメリットがあります。

 

業者の選び方ですが、「とにかく高速」と回線速度のスピードを前面に押し出している業者は魅力的に映るものですし、遅いよりは速い方がもちろん良いのですが、回線の速さだけではなくて安定性も重視することをおすすめします。

 

「つながれば速いのだけれど、なかなかつながらない」とか「すぐに切断されてしまう」というのでは、使っていてイライラする原因になりますし、実用的ではありませんよね。

 

できるだけつながりやすく、安定していて、それでいて回線速度も速い業者を選ぶのが良いでしょう。

 

安定性はどこをチェックすればわかるのか?

モバイルwifiの安定性と言われても、実際に使ってみなければどのぐらい安定しているのか分からない、という不安はあるでしょう。

 

しかし、実際に利用している人の口コミをチェックしたり、通信エリアなどをチェックすることによって、ある程度の安定性を予測することは可能です。

 

通信エリアをチェックするという点ですが、電波が遠くまで届く4GやLTEなどを採用していたり、人口カバー率が99%以上というネットワークなら、かなり広い範囲を網羅していることが分かりますし、安定性も期待できますね。

 

たくさんあるモバイルwifi業者の中でも、安定性やカバー域という点で比較すると、ドコモのサービスが優秀と言えます。

 

ただし、価格面で他の業者と比べると割高なため、どうしようかと躊躇してしまう利用者は多いかもしれませんね。

 

そんな人におすすめなのが、Yahoo!Wi-FiやY!mobileなどから提供されているプラチナバンドです。プラチナバンドというのは安定性が高い周波数帯で、建物の中でも利用しやすいというメリットがあります。

 

ドコモ系のモバイルwifiよりもリーズナブルなサービスを探しているという人にぜひおすすめです。